弁護士へ依頼するタイミングwhen

  • HOME>
  • 弁護士へ依頼するタイミング

弁護士に依頼するタイミングは?

入院が必要な怪我を負った

入院が必要な怪我を負った

交通事故における慰謝料などの示談金は、治療期間が長期化するほど高額になる傾向にあります。入院が必要な怪我を負った場合は、弁護士の介入によって増額できる示談金の幅も大きくなりますので、弁護士に依頼するメリットは大きいです。

交通事故に遭い、入院が必要な怪我を負った場合は、すぐに桐山法律事務所までご連絡ください。豊富な経験と実績をもとに、ご依頼者様に適切なサポートをいたします。

大切なご家族を亡くした

大切なご家族が交通事故に遭い死亡してしまった場合は、すぐに弁護士へご連絡ください。

突然のことで気持ちの整理がつかないなか、保険会社との交渉を行うのは大変な心労になるでしょう。特に死亡事故の場合、保険会社との交渉はより複雑なものになります。

また、通常の交通事故と比べて死亡事故は示談金額が明らかに大きくなります。適切な賠償金額を受け取るため、法律と交渉のプロである弁護士へ一任して手続きを進めることをおすすめいたします。

ご加入の保険に弁護士費用特約がある

自動車保険、損害保険、火災保険など、ご加入の保険に弁護士費用特約が付いている場合は、通常300万円を上限として、保険会社に弁護士費用を負担してもらえます。弁護士費用特約を使えば、弁護士に相談したりサポートを受けたりする際に費用の心配がなくなるという、大きなメリットがあります。

弁護士費用特約をフル活用するには、事故の直後から弁護士へご相談いただくことをおすすめします。早期のうちから弁護士が介入することで、ご依頼者様により有利な解決がはかれます。

こんな時にはすぐにも弁護士へご相談を

示談金に納得がいかない時

保険会社から提示された示談金が「少ないように感じる」「適正な金額なのかが心配だ」という場合は、すぐに弁護士までご相談ください。

法律のプロである弁護士が、法知識をもとに示談金額が適正かどうかチェックし、交渉のプロとしてご依頼者様が正当な利益を得られるよう交渉いたします。

「治療打ち切り」と言われている時

まだ症状があるにもかかわらず、保険会社から一方的に「治療打ち切り」と言われた場合も、一度弁護士までご相談ください。

治療打ち切り=症状固定の時期を判断するのは医師であり、保険会社が判断することではありません。まだ治療が必要であることを証明するなどして、ご依頼者様がきちんと最後まで治療が受けられるようにサポートいたします。

後遺障害等級認定の結果に納得がいかない時

提示された等級認定が本当に適正なのか、後遺障害等級認定の結果が心配な時も一度弁護士までご相談ください。

後遺障害等級認定に関わる内容は非常に専門的であるため、ご自身での対応は困難です。豊富な経験と法知識を持った弁護士にお任せください。適正な後遺障害等級の認定を目指しましょう。

ご予約お問合せ0745-31-0777 営業時間:平日10:00~17:30  定休日:土・日・祝

WEB予約24時間受付