示談交渉の重要性 notice

  • HOME>
  • 示談交渉の重要性

どうして示談交渉はプロである弁護士が行うべきなのか?

示談交渉では弁護士の知識・経験が活きます

示談交渉では弁護士の知識・経験が活きます

示談交渉の際に保険会社から示談金額を提示されても、それが「適正なのかどうか?」を判断できる方は少ないと思います。また、保険会社の担当者は“交渉のプロ”ですから、被害者の方が保険会社と対等に交渉するには、それ相応の知識を必要とします。

桐山法律事務所では、経験豊富な弁護士が保険会社との交渉を代行いたします。ご依頼者様は交渉事の煩わしさとは距離を置き、傷ついた心身の治癒や日常生活への復帰にご専念ください。

弁護士は、保険会社の担当者同様に“交渉のプロ”であるだけでなく、“法律の専門家”でもあります。ご依頼者様のお言葉を正確に把握し、法律に則った主張を相手側に行うことで、正当な補償の獲得を目指します。

示談が成立するとやり直せません

示談交渉のうえで一番ご注意いただきたいのは、“示談が成立すると、基本的にはやり直すことができない”という点です。

示談成立となると、ごく稀なケースを除き、どんなに不満を持ってもやり直して正当な権利を主張するのは不可能です。

保険会社からの示談金に不満がある、示談交渉の内容に不安を感じる、という際は、その不満や不安を抱えたまま示談書にサインをしないでください。サインの前に、法律のプロである弁護士へご相談いただくことをおすすめします。

当事務所へご依頼いただければ、示談金額や示談書の内容などを詳細にチェックすることで、ご依頼者様の利益をお守りします。初回相談無料・着手金は基本0円でお受けいたしますので、お気軽にご連絡ください。

裁判も見据えて交渉にあたります

示談交渉がまとまりご依頼者様の納得のいく形で解決がはかれるのが一番ですが、場合によっては交渉が決裂し、裁判に進展してしまうケースもございます。裁判になるとご自身だけでの対応は困難であり、代理人としての弁護士の存在が不可欠となるでしょう。

こうした場合でも示談交渉の段階から弁護士がそばにいれば、先の裁判も見据えたサポートを受けることができます。

示談交渉の段階から弁護士を付け、同じ弁護士から引き続きサポートを受けて裁判に臨むのが最善の策となります。

ご予約お問合せ0745-31-0777 営業時間:平日10:00~17:30  定休日:土・日・祝

WEB予約24時間受付