弁護士が示談交渉するメリットmerit

  • HOME>
  • 弁護士が示談交渉するメリット

弁護士に依頼すると何が変わるのか?

示談金の基準が変わります

示談金の基準が変わります

交通事故問題は、弁護士へご相談いただくことで保険会社から提示された示談金の金額を上げることが可能です。

交通事故の示談金には、自賠責基準、任意保険基準、弁護士(裁判)基準の3つの基準がありますが、弁護士が介入すると3つの基準のうちで最も高額な“弁護士基準”による交渉ができます。これが、示談金の金額を上げられる理由です。

示談金の3つの基準

自賠責基準

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)が設定している基準です。自賠責保険はすべてのドライバーに加入が義務づけられています。交通事故被害者に対して、国が最低限度の補償として用意しているものです。

ポイント
  • 自賠責保険をもとに最低限度の補償を目的としたものである
  • 物損事故の場合、自賠責保険は適用されない
  • 傷害による損害の支払いには、1人につき120万円の限度額が設けられている
任意保険基準

各保険会社が独自に定めた示談金の基準です。自賠責保険では補償しきれない損害の補填を目的とします。

ポイント
  • 任意保険基準の詳細な内容は公表されていない
  • 自賠責保険よりも高額だが、弁護士(裁判)基準よりは低額なケースが一般的である
  • 自賠責保険に近い基準で算定していると思われるケースもある
弁護士(裁判)基準

裁判所で用いられる基準です。一般的には3つの基準の中で最も高額になります。
保険会社から提示された示談金額に納得がいかない場合は、弁護士に依頼して弁護士(裁判)基準で交渉すると、納得のいく金額で最終的な解決をはかれる可能性があります。

ポイント
  • 弁護士(裁判)基準は、3つの基準の中で最も高額である
  • 保険会社が提示してきた金額が適正とは限らない
  • 弁護士(裁判)基準で交渉すると、保険会社からの提示金額が増額になる場合がある

示談金額に少しでも不安・不満を感じたら

お気軽に弁護士へご相談ください

お気軽に弁護士へご相談ください

交通事故被害者の全員が、交通事故の示談金に関して十分な知識をお持ちとは限りません。
むしろ、十分な知識をお持ちでない方のほうが多いでしょう。

プロである保険会社の担当者から「当社の基準による示談金額はこちらです」「これ以上お支払いすることは難しいです」と言われたら、「そういうものなのかな…」「有名な保険会社だし、間違いないだろう」と考えてしまうのは仕方のないことです。

ですが、保険会社から提示された示談金額が適正とは限りません。弁護士に依頼して弁護士(裁判)基準を使って交渉すれば、示談金を増額できる可能性があります。

少しでも提示金額に不安・不満がありましたら、そのまま受け入れる前に一度弁護士へご相談ください。桐山法律事務所では、初回無料相談を実施しております。営業時間外や土日でも事前相談によりご対応が可能ですので、どうぞお気軽にご利用ください。

納得のいく金額で解決できる場合も

弁護士にご依頼いただければ、示談交渉や裁判などによって最初に提示された示談金を増額させ、ご依頼者様が納得できる金額で交通事故問題を解決できるようにいたします。

ただし、“最も高額な基準”とされている弁護士(裁判)基準であっても、弁護士・法律事務所のサポート力によっては、基準の80%程度で解決にいたってしまうケースも少なくありません。

桐谷法律事務所では、ご依頼者様の利益の最大化を目指しています。弁護士(裁判)基準に即した金額での解決を目指し、できる限りのサポートをいたしますので、示談金額に不安や不満のある方は、どうぞ当事務所までご連絡ください。

ご予約お問合せ0745-31-0777 営業時間:平日10:00~17:30  定休日:土・日・祝

WEB予約24時間受付