保険会社からの示談金に納得いかない場合insurance

  • HOME>
  • 保険会社からの示談金に納得いかない場合

保険会社からの示談金に納得がいかない時は?

そのまま受け入れず弁護士へご相談を

そのまま受け入れず弁護士へご相談を

保険会社から示談金の提示を受けた時に、そのまま鵜呑みにされるのはおすすめできません。示談金額を受け入れる前に、一度弁護士へご相談いただければと思います。

保険会社から提示された金額が、必ずしも適正な金額とは限りません。弁護士が介入することで、示談金額を増額できる可能性は高くなります。

「有名な保険会社が言っていることだから大丈夫」「早く問題から解放されたい」とお考えになるかと思いますが、一度示談が成立するとやり直すことはできません。保険会社からの示談金に納得がいかない場合は、交通事故問題に強い桐山法律事務所へご相談ください。

弁護士(裁判)基準は最も高額な基準

交通事故問題の示談金には、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準の3つの基準があります。
弁護士に相談・依頼することで適用される弁護士(裁判)基準は、このうちで最も高額な基準です。

弁護士(裁判)基準を使い交渉することで、保険会社から提示された示談金が増額される可能性があります。

ご自身で交渉して増額させるのは困難

弁護士(裁判)基準での交渉には専門的な知識が不可欠なため、ご自身で保険会社と交渉する際に弁護士(裁判)基準での支払いを認めてもらうのは困難です。保険会社によっては弁護士でないとまともに取り合わないこともあるでしょうし、法的な根拠を要求されることもあるでしょう。

交渉には専門性や手間暇が必要になります。交渉と法律のプロである弁護士にご相談いただくことが、スムーズな解決への近道となるでしょう。

ご予約お問合せ0745-31-0777 営業時間:平日10:00~17:30  定休日:土・日・祝

WEB予約24時間受付