子供が事故加害者になってしまった場合perpetrator

  • HOME>
  • 子供が事故加害者になってしまった場合

お子様が交通事故加害者になってしまったら?

落ち着いてまずは弁護士へご相談ください

落ち着いてまずは弁護士へご相談ください

もし、お子様が交通事故(自動車事故・自転車事故)の加害者となってしまった場合、保護者の方は大きなショックを受けられるでしょう。まずは、できるだけ落ち着いて、桐山法律事務所へご連絡いただければと思います。

交通事故の加害者になると、民事責任や刑事責任が発生するほか、運転免許停止などの行政処分を受けることもあります。交通事故の加害者としてお子様に様々な責任が課せられるなか、同時に被害者の方との示談交渉を進めることも必要になります。ご本人やご家族だけでこれらの対応を行うのは大変不安でしょうし、とても困難なことでしょう。

思いもかけない事態の時こそ、“法律”と“交渉”のプロである弁護士にご相談ください。

お子様が未成年である場合、損賠賠償は両親へ

未成年のお子様が交通事故の加害者となった場合、本人に賠償金の支払い能力がないことが多いため、両親に対して損賠賠償請求が行われるケースが大半です。
このような時も、弁護士のサポートがあれば、弁護士が第三者の目線から冷静に被害者の方と交渉を行えます。その結果、問題解決に向けてスムーズに交渉が進められます。

損害賠償額についても、弁護士が法知識に即して適正な金額を算出いたしますので、被害者と加害者の双方が納得のいく形で解決する可能性が高くなります。

万が一、被害者の方から裁判を起こされた場合も

交渉を重ねた結果、被害者の方にご納得いただけず、裁判を起こされる場合もございます。

しかし、そんな時も弁護士のサポートがあれば適切な対応が可能です。

桐山法律事務所では、被害者側のみならず、加害者やそのご家族のお気持ちにも寄り添い、交通事故問題に関わった全員が納得のいく解決を目指しております。

お子様が交通事故を起こしてお困りでしたら、どうぞ当事務所までご相談ください。交通事故問題における豊富な経験・実績をもとに、できる限りのサポートをいたします。

ご予約お問合せ0745-31-0777 営業時間:平日10:00~17:30  定休日:土・日・祝

WEB予約24時間受付