過失割合に不満であるaccident rate

  • HOME>
  • 過失割合に不満である

過失割合に納得がいかない時は?

過失割合とはそれぞれの過失に応じた割合のこと

過失割合とはそれぞれの過失に応じた割合のこと

過失割合とは、交通事故の加害者・被害者それぞれの過失に応じた割合のことです。例を挙げると、被害者にまったく非がない場合は100(加害者):0(被害者)となり、それぞれに半分ずつの過失がある場合は50(加害者):50(被害者)となります。

過失割合は、当事者間での協議だけでなく、事故当時の状況を過去の裁判例などに照らし合わせて決定します。

なお、過失割合を決める際に警察が介入することはありません。納得できない過失割合を提案されたと警察に相談しても、警察は関わってくれないことをお含みおきください。

保険会社の提案を鵜呑みにする必要はありません

保険会社は、いわゆる“判例タイムズ”(全国の判例情報や論文などを掲載した雑誌)を根拠として過失割合を提案してくるケースが多くあります。

しかし、保険会社の提案が必ずしも正しいとは限りません。事故の状況によっては、被害者の方にとって不利な割合に設定されているケースもあります。

過失割合は損害賠償の金額を左右する、大変重要なものです。少しでも過失割合に不満や不安がある場合は、交通事故問題で豊富な実績を持つ桐山法律事務所へお気軽にご相談ください。

過失割合のお悩みは弁護士へご相談ください

ご自身での交渉は困難です

過失割合に納得がいかないときに、Webや書籍などで知識を集めてご自身で対応する方法は、あまり良い方法とはいえません。知識不足であったり交渉に不慣れであったりすると、かえって事態の深刻化を招く恐れがあるからです。

過失割合のお悩みは、確かな法律知識と豊富な交渉経験を持った弁護士にご相談いただくのが、解決への近道です。

専門家に相談してスッキリしませんか?

交通事故被害者の方のお気持ちとしては、「こちらは事故の被害者なのだから、当然100:0で相手が悪い」とお感じになるかもしれません。

しかし、交通事故はあくまで2者以上の関わりで起きるものです。そのため、被害者の方の言い分が必ず通るとは限りません。

また、当事者の記憶をもとに過失割合を決めていた過去の時代と比べ、ドライブレコーダーが普及している現代では、過失割合の交渉が難しくなっていることは事実です。

ですが、過失割合について納得のいかない思いを抱えたままでいるよりも、一度専門家へご相談いただいたほうが、ご自身のお気持ちがスッキリできるかと思います。

桐山法律事務所では、過失割合の基本的な考え方からご相談者様が遭遇した事故の場合での考え方など、ご相談者様がご納得いただけるよう、なるべくわかりやすいご説明をさせていただきます。

ご予約お問合せ0745-31-0777 営業時間:平日10:00~17:30  定休日:土・日・祝

WEB予約24時間受付